2006年8月アーカイブ

仕事場に息子が紙飛行機を持ってやってきた。

「おとうさん、これすごいよ」

「どれどれ」

「二つが重なってね、ぴゅーっと…」

「ほぉー」

「ダイダロス(ナントカカントカ)っていうんだよ!」

「かっこいい名前だね。」

「名前じゃないよ!名字だよ!名前はね…」

「だははは(爆笑)」

飛行機にもファーストネームとセカンドネームがあるんだぁー

子供らしい考え。大人には思いつかないなぁ。

  

レースまであと3日。応援クリックを!

書店の文房具コーナーで面白い物発見。

「おお!表紙が畳で出来てる!!」

と思ったら、プリントでした。

でも、良くできている。凹凸がきちんとあってよく見ないとわからない。

ただ…どう見ても国産じゃないなぁ…それも良い物じゃないし。

印刷でもいいから、上級品の写真使って欲しかったなぁ。

何に使おうかと思いつつ、使うのがもったいなくて飾ってあります。

息子が蟻(アリ)の飼育・観察キットを買ってきた。

昔のは、平べったいケースに専用砂を入れて、アリを中に入れるタイプだったが、

今は蟻飼育専用ゼリーだ。

3種類の粉を順序よく混ぜ、レンジでチンをして硬化を待つ。

この青いゼリーの中に、栄養分・水分が全て入っているそうで、

一度入れてしまえば、後は全く何をしなくてもOK。

3、4日で、見事な巣を完成させる。

せっせと、小さなあごでゼリーをかみ切り、外へと運搬。

ほんと、ご苦労様です。

ただ、役割分担が出来ているようで、

一日中働かずに、地面(エサ)をなめているだけの集団も。

少しは働けよー

アリも人間も、苦労する人は決まっているようです。

  

頑張って働くアリさんに共感!

第58回諏訪湖湖上花火大会へ行ってきました。

カミさんの実家が開催地の近くなので、

毎年、お世話になりながらの花火見物です。

やっぱり、真下で見る花火は迫力が違います。

特に、諏訪湖名物「水上大スターマイン」は圧巻。

湖上に半球の花が咲き乱れ、空気の振動が窓ガラスを揺らします。

と、花火は花火で良いのですが、もう一つの楽しみは「屋台」

これも、面白いお店を発見しました。

ひとつ目は、「鮎の塩焼き」!

食べてみたかったけど、500円はどうかなぁーと思って今回はパス。

もう一つは「エアーガン専門くじ引き」

どこにでもある屋台ですが、店構えと売り子の兄ちゃんの服装に注目。

平和な日本らしく、男の子達注目の的でした。

まだまだありますが、やっぱりすごかったのはこの日の人出。

4万発超の花火を見に48万人が来たそうです。

帰りの電車は40分遅れ。

普段なら15分弱の道のりも、1時間半かかりました。

来年は、自転車で行こうか検討中。

  

↑ランキング参加中↑

トマトだるま…??

| コメント(0)

全国各地で、根性野菜や変わり野菜が報道されますが、

我が家でも、トマトみたいなだるま だるまみたいなトマトが収穫できました。

猫の額ほどの小さな菜園ですが、食べるものが収穫出来ると嬉しいです。

でも、以前にレタスを育てたら、あまりの苦さに食べられませんでした。

トマトやキュウリ位が簡単ですね。

ところで、最近売っている野菜ってクセが無くて食べやすくなったような?

ニンジンやピーマンって、昔はもっと食べづらかった気がします。

  

↑食べ物は旬食ががいちばん。↑

と、(思いっきりTV風に)歌いながらの仕事帰り

国道の電光掲示板にこんな案内が。

語呂合わせの「○○の日」は数あれど、

これだけ合っていると気持ちいい!文句なしに納得です。

ちなみに、4月29日と9月24日は畳の日。

なぜだかわかりますか?

「わかるかな?わっかんねーだろーなぁー

 父ちゃんが夕焼けだった頃、母ちゃんはシモヤケで…」(古っ)

<畳の日>

全国畳産業振興会が制定。

い草の緑色から「みどりの日」の4月29日と、

「環境衛生週間」の始りの日であり「清掃の日」である9月24日。

だそうで。かなり強引だなぁ。

  

↑畳の日なんて知らなかった↑

朝の2時半起きをして、新潟へ海釣りに。

隣のクラスの友達&お父さんで、男だけの海釣りツアー。

親不知(オヤシラズ)漁港内での、釣り開始。

午前9時には、炎天下となりパラソルの下で休み休み釣ってみましたが、

あまりの暑さに耐えきれず、早々に終了。

2家族4人の釣果、合計60匹。

釣れた魚は、アジ・石鯛・メジナ。ベラ。

そして、

11時頃には、海水浴へと方針を転換。

天気は良かったのですが、台風通過で、波の高さ3m以上。

そんな中、息子は初めての海水浴を満喫したようです。

早めに帰宅した方よいだろうと、夕方までには帰宅。

釣った魚は、知り合いの飲み屋さんで、唐揚げにしてもらいました。

お味は…

一番人気が「アジ」 石鯛・ベラは少しクセがありました。

食べられない訳じゃないけどね

一日が終わってみて、

息子曰く「次はクロカジキを釣ってみたい」とのこと。

お金貯めて、自分で行ってねー

  

↑海釣り大好き↑

緩急百貨店。

| コメント(0)

朝晩の空気に、秋っぽい風が乗ってくる今日この頃。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

そんな秋っぽいこの時期、

水泳シーズンは、まだまだ終わらないのでございマウス。

ココ3日間は、9月3日に行われる新人戦のプログラム編集。

今日27日は、諏訪郡市5市町村の水泳競技大会。

私の仕事は、競技会運営用PCの操作員。

=怒られないように、こっそり撮影=

そんな忙しい合間を縫って、気分のメリハリを付けるために(緩急

仲間が始めたネットカフェへちょっとお出かけ。

エアーズ・カフェ 岡谷店

オタクぽさが全く無くて、落ち着いた雰囲気がまたgoodでさぁー。

3時間パックで、マッサージ&サラリーマン金太郎を満喫。

またまた、水泳の仕事です。

早く秋になって、ゆっくりしたい。そんな日曜日なのでありました。

  

↑まだまだ夏は終わらせねー↑

いやー帰ってきました。

この3日間は、とってもつらかった…

大会に出ると、当然全力で泳ぐのですが

少しでもいい記録出したくて、サプリメントのお世話になります。

主は、アミノ酸ですが

普通では考えられないような高額な物を、一日にいくつか口にします。

それなりの効果もあるのですが、

それによって引き出された力の反動は、虚脱感となって後から襲ってきます。

例えるなら、熱もないのに39度くらいの熱が出ているようなだるさ…かな。

それに、そんな物飲むから、当然胃腸も荒れます。

月曜日・火曜日は食欲もなく一日中吐き気との格闘。そして下痢。

水分だけは何とか補給しますが、力は全く入りません。

学生の頃は、こんな事無かったのに、

年を追うごとにひどくなり、今回はまるまる1日半。

それでも仕事はやらなきゃいけなくて、昇天寸前でした。

今回は、精神的なショック(記録の悪さ)も相まって過去最悪でした。

年ですなぁ・・・

何はともあれ、応援して頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

おかげでココまでこられたのだと感謝してます。

さて、この調子で、仕事にも打ち込むぞ!(と思ってます)

たった3日の盆休みもあっという間に終わり、

仕事を始めてみたモノの、エンジンがかからない。

こう言う時は、先延ばしにしている仕事を片づけるに限る!

と言う事で、仕事をさせて頂いたお客様への礼状を作りました。

宛名書きは、我が家の奥方にお願いして、とりあえず終了。

今後ともごひいきに。

  

↑ランキング参加中↑

盆明けに納める仕事の、寸法を測りに現場へ。

「お盆休みで現場も空いていて仕事がし易いだろう」

と、思って現場へ着くと、数台の車が現場に。

梅雨の豪雨で工期が遅れているせいか、

はたまた、現場が空いているだろうと目論んだのか、

いって普通に 皆さん仕事してました。

皆さんご苦労様です。

このお宅は、6畳間の真ん中を正方形に2カ所、物入れが作ってあるのですが、

床の上にフタを乗せてあり、そこだけ畳を薄く作って欲しいとの事。

その上、フタと畳をくっつけて欲しいそうです。

どうかなぁー?重くなって扱いづらいと思うのですが・・

  

↑ランキング参加中↑

先日エントリーした、

6畳間、真ん中に収納の部屋

の作業を開始。

真ん中のフタはこれ↓

床の深さ一寸八分(約55mm)に、フタを八分(約24mm)。

このフタに、一寸(約30mm)の畳をくっつけて欲しいとのこと。

さて、上手くくっつくかなぁー

接着すると、張り替えできないし、両面テープじゃなぁ…

幅広のマジックテープでくっつけようか…

結果はまたエントリーします(予定

  

↑上手くできる、はらたいらさんに500点!↑

海辺のイソップ童話

| コメント(0)

最近、商売について悩むことが多いが、

考えを巡らしながら、工場内を片づけているとこんな物が出てきた。

息子が小さい時、砂場代わりに遊んでいた発泡スチロール箱。

どこかの水産会社の商品名だろう。

うーん、こういう余裕も必要。

どうも、最近考えすぎだ。肩の力を抜いていこーっと。

  

↑ユーモアは仕事にも必要だね↑

中ブタ合体作戦、決行しました!

まずは普通に畳を敷いて、真ん中へフタをかぶせ…

 → 

次に粘着シール付きのマジックテープを貼り付け…

 → 

その上から1寸(30ミリ)の畳を敷き、しっかり押さえて完成。\(^O^)/

 → 

手前開口部は専用ちゃぶ台制作中。向こう側半分は、収納スペース。

さて、出来上がってみて感想は…

・畳をキチンと作りすぎて、入れづらいっ

・外す時も、フタの重みでマヂックテープが剥がれそう。

・もっとルーズに作らないといけなかった

 (仕方ないので、フタの周りをテーパつけて削って貰うことにしました)

・やっぱり、フタと畳が一体である必要は無いような気がしますが、果たして…

  

↑よく頑張ったでしょうクリック↑

お盆前の追い込み仕事で、すし屋の小上がりを張り替えさせて頂きました。

使用した畳表は、ダイケン工業製 和紙表「黄金白」

紙製の畳表で、初めから黄色く焼けた色合いに加工されています。

「お客さんの出入りが激しいから、傷んでも衣服に付かない物はないか?」

との問い合わせから、使用する事になりました。

本来なら、天然のイ草をこまめに張り替えて頂くことが良いのだと思うのですが、

こういった商売に使う畳は、

 丈夫で長持ち・低経費

が優先ですからそうも言っていられません。

お客様の要望に応えるのも、畳屋の仕事ですよね。

さて、気に入って頂けたかどうか・・

  

↑ランキング参加中↑

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2006年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2006年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。