めっきり減った和室の続き間

| コメント(0) | トラックバック(0)

岡谷市川岸の「本多建設」さんの仕事をやらせて頂きました。

和室が減りつつある最近の新築ですが、

珍しい6畳間+6畳間の間続きです!

IMG_2948.jpg

これだけ広いといろんな使い方が出来そう。

 

さらにこのお宅、リビングには畳コーナーがっ!

IMG_2946.jpg

こちらは最近デフォルトになりつつある「琉球畳」

ダイケン工業製の純国産和紙畳表で、色は「灰桜色」です。

一般的に「琉球畳」って言いますが、たたみ屋は「縁無し畳」って言います。

琉球畳は使う材料が「琉球表(琉球ゴザ)」を使うので本当は違うんですが、

最近では縁無し畳が琉球畳と呼ばれるようになってきました・・

難しいことはさておき、洋間とのマッチングは良いし、オシャレだし、

こういった使い方にはもってこいです。

 

本多建設様、M様、この度はありがとうございます。

お気づきの点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

にほんブログ村 住まいブログ 建具・表具・畳へ

にほんブログ村

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atatami.com/mt/mt-tb.cgi/858

コメントする

mt-comments.cgi" name="comments_form" id="comments-form" onsubmit="return mtCommentOnSubmit(this)">

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、neoが2018年10月 1日 16:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「琉球畳風の縁無し畳で床暖房用14mm!」です。

次のブログ記事は「公共住宅のタタミ替えは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。