厚さ20mm和紙畳

2021年9月2日

岡谷市の工務店「株式会社 本多建設」さんの新築工事をお手伝いさせて頂きました。

広い敷地ゆったりとした作りです。
8畳間に押入れと出入りの板敷きとゆったりした作り

最近では普通になった「大壁」(柱を見せず壁で一面を構成する)部屋で、窓はカーテン。障子に床の間の和室での新築はほとんど見られなくなって来ました。

ぱっと見、ごく普通の畳に見えますが、実は↓

厚さ20mmの薄型畳です。(普通の畳は55mm・60mm)

畳表(ゴザ)はダイケン工業製の和紙畳表。日焼けに強く、カビの心配は殆どありません。耐久性も高いのですが、汚れが天然のい草より目立つので、汚さない様な注意が必要です。最近はこう言った畳が増えて来ました。畳用に床を掘り下げなくて良いのですが、薄いのでクッション製が低く、歩いた感じは少し固めです。場所、用途によって厚い畳と使い分けするのが良いでしょう。詳しくはお問い合わせ下さい。

せっかくなので、こっそり内覧会して来ました。

キッチンからリビングダイニング
キッチン裏の食材置き場は広くて使いやすそう
サンルームは広くてお洗濯も楽々
寝室横の書斎スペース(憧れます)
お風呂、広っ!!
屋根裏の納戸も有効活用

本多建設様、お施主様この度ありがとうございました。使ってみて気になることなどありましたら、遠慮なくご連絡ください。

にほんブログ村 住まいブログ 建具・表具・畳へ